0836450355


 

ホーム 里帰り分娩・立会い分娩

立会い出産

立会い出産とは?

夫や家族が出産に立ち会うことを立会い出産といいます。これまで立会い出産はあまり行なわれていませんでしたが、 最近は50%近くの人が立ち会い出産を選んでいます。通常、立会い出産は陣痛室から分娩室までずっと一緒にいることができるので、 これから出産するママにとっては、身体をさすってもらったり手を握ってもらったりするだけでとても安心することができます。 また、パパにとっては妻が母になる瞬間、そして自分の子供が生まれてくる瞬間を味わえるだけでなく、 出産の痛みはなくともママとともに赤ちゃんの誕生の喜びや神秘を感じることができるのです。

立会い出産でのパパの役目は?

陣痛が始まって、いざ出産となると知識として身につけたことを全部実践することは難しいですよね。大切なことは、少しでも妻をケアすることです。残念ながら痛みを二人で分け合うことはできません。ですが、夫の協力で痛みで苦しむ妻の気を紛らわしたり、和らげたりすることはできます。この思いやりが、妻にとってとても嬉しく安心できることなのです。

メリット・デメリット

立会い出産を経験することはメリットもありますがデメリットもあります。この両方を知り、夫婦で立会い出産をするかどうか決めてくださいね。

メリット

デメリット

立会い出産には、デメリットも存在しますが、多くの男性は「立会い出産してよかった」と思うようですよ。 今はまだ立会い出産が怖いなっと思っていても、子供が生まれてくるのはたった一度だけです。

里帰り出産

里帰り出産とは?

里帰り出産とは奥さんが実家に帰って出産をすることです。 帰省の時期はおよそ妊娠九ヶ月ごろ(妊娠32~34週ごろ)が ベストといわれます。実家では出産の先輩でもある母親に、産前・産後の協力やアドバイスをしてもらうことができますよね。また、体調が不安定な産後も、里帰り出産であれば家族に家事をしてもらえることもあり、ゆっくりと休むことができます。

メリット・デメリット

メリット、デメリットがあり、夫婦や家族でよく話し合い、与えられた条件の中で、よりよい方法を選び、妊娠中期くらいまでに決めます。 臨月に入ってから初めて里帰り先の病院へ行っても、分娩させてもらえない場合があります。

メリット

デメリット

これらメリット・デメリットを十分理解した上で、里帰り出産をするかどうか決めてくださいね。
*里帰り出産をご希望の方は前病院の紹介状を持って、34週までに帰省され、当院へお越しください。

ご質問、ご相談はこちらから
スペシャルコンテンツ
頼れるパパとやさしいママになるために
  • 解決Q&A
  • スクール案内
  • お祝い膳
  • 立会い分娩・里帰り分娩
  • 住所